RailTokyo2015へようこそ

会議の目的
第6回鉄道オペレーションにおけるモデル解析国際会議(The 6th International Conference on Railway Operations Modelling and Analysis - RailTokyo2015)は、技術者・数学者・経済学者・計算機科学者による解析的・組合せ的・シミュレーション的研究手法や実施事業に関する議論を通して、鉄道オペレーションの研究のさまざまな学問分野への普及に寄与することを目的としています。

詳細情報(英語)

会議には20か国から230名が参加しました。まず164件の概要文(abstract)が投稿され、その後116件の論文(paper)が受諾され、最終的に104件の研究発表が行われました。


プレスリリース

2015.04.03. 第6回鉄道オペレーションにおけるモデル解析国際会議RailTokyo2015に国内外より200名超の参加 PDF

2015.03.10. 第6回鉄道オペレーションにおけるモデル解析国際会議RailTokyo2015を千葉工業大学津田沼キャンパスで開催 PDF


最新情報・重要なお知らせ

2017.02.21. 鉄道オペレーション研究活性化奨励資金援助 申請番号 PDF を掲載しました。

2017.01.19. 鉄道オペレーション研究活性化奨励資金援助のご案内 PDF規程類 PDF申請書 .docx
 掲載しました。

そのほかは、英語版トップページをご覧ください。